Sunday, August 29, 2010

I WAS THERE #30 KÜRŞAT BAYHAN

編集委 員|後藤由美 Curated by Yumi Goto


photo+text ©kürşat bayhan (Zaman Daily Newspaper)

ガザへ向かうマヴィ・マルマラ号(Mavi Marmara)に乗り込んで3日目のことだった。日付が日曜日から月曜日に変わった深夜午前2時15分、私たちはイスラエル軍の船と初めて対峙した。甲 板室からの警告音を耳にすると、抵抗を表す準備のごとく活動家達はライフジャケットを身にまとい始め、そしてVサインをした。中には棒や投石器を手にする ものもいた。活動家達はガザ地区へ入り、イスラエル軍によるガザ地区の封鎖を解こうとしていた。船上にいた478人の有志の胸はガザに向かって高鳴ってい た。午前4時10分、彼らが朝の祈りをささげるために2号室の後方に集まったとき、イスラエルの海軍部隊が7艘のゾディアックボートでマヴィ・マルマラ号 に接近した。棒や投石器での抵抗に対し、海軍部隊はまずゴム弾を、その後実弾を発砲した。私の隣にいたカメラマンが肩を撃たれ、その場に倒れた。パニック のなか悲鳴が上がり、誰かが「実弾を使っているぞ、実弾を使っているぞ」と声をあげた。医師達が懸命に負傷したカメラマンに手当てを行った。血と涙が流れ る甲板はさながら戦場のようだった。「死なないで、死なないで。」泣き叫びながら夫を抱きしめる妻の姿を、私は黙って見ていた。医師が心肺蘇生法を行った が無駄であった。2号室のホールは負傷者で溢れかえり、ある者は肩を、またある者は足を怪我していた。負傷者達は医療器具不足から十分な治療を受けられず にいた。老人が1人出血多量で亡くなった。

English original text:

It's day three of our trip to Gaza onboard the ship Mavi Marmara. We confront Israeli ships for the first time at 2:15am on the night that connects Sunday to Monday. After hearing warnings from the deckhouse, the activists start putting their life jackets on as they get ready to show resistance and make victory signs. Some have sticks in their hands and others have slingshots. They want to enter Gaza and break Israel's blockade. The hearts of the 478 volunteers on the ship are beating for Gaza. When the volunteers gather in the rear part of Room 2 at 4:10am for morning prayer, Israeli naval commandos approach the Mavi Marmara with seven zodiac boats. The Israeli naval commandos respond to the resistance shown with sticks and slingshots using rubber bullets first and then real bullets. A camera-man next to me gets shot in the shoulder and falls to the ground. Someone screams in panic, "They are using real bullets! They are using real bullets!" There are doctors trying to treat the wounded, the blood and tears making the deck look exactly like a battlefield. I see a woman hugging her husband, crying, “Please don't die! Please don't die!” The doctor performs CPR, but to no avail. The hall of Room 2 is filled with wounded people: some wounded in the shoulder and others in the leg. They are unable to receive adequate treatment due to the lack of medical supplies. An old man who loses too much blood dies.

写真家プロフィール:

キュルシャト・ベイハン (Kürşat Bayhan)
1980年、トルコ・マラティアに生まれる。2003年、マルマラ大学のコミュニケーション・ジャーナリズム学部を卒業後、ソーシャル・サイエンス・アカ デミー(Social Sciences Academy)にてフォトジャーナリズムの高等教育を受ける。また同年、ザマン紙(Zaman Dailynewspaper)のフォトジャーナリストとしてプロ写真家の一歩を踏み出す。ザマン紙での4年間で、2006年のイスラエルのレバノン侵 攻、2008年のパレスチナ・イスラエル紛争、インドネシアの大津波、週刊誌で特集を組んだ2005年のダルフールの難民危機、2007年のベナジル・ ブット暗殺後のパキスタン総選挙、2009年のタリバン政権下で危険にさらされているアフガニスタンの日常生活など、世界中のたくさんの事件・出来事に遭 遇している。

http://kursadbayhan.blogspot.com/

No comments: